** clutch café **

life+outfitter+mggk and more shoot diary

一人、電車で。

f:id:clutch-cafe:20171024122417j:plain

f:id:clutch-cafe:20171024122450j:plain

f:id:clutch-cafe:20171024122515j:plain

f:id:clutch-cafe:20171024122531j:plain

一人、電車で行くぷらっとトリップ。これが最高に心地良い、当然ジブンだけのペースだし、昼間っからビールもいただける。出会った人との会話も良いし、露店とかでの買い食いも良い。行きの電車では本を読んで、帰りの電車はただ眠るのも有り。さぁ、次は何処に行こうか。

 

 

透視図法

f:id:clutch-cafe:20171023153701j:plain

f:id:clutch-cafe:20171023153724j:plain

f:id:clutch-cafe:20171023153742j:plain

f:id:clutch-cafe:20171023153757j:plain

学生の頃、授業で一点透視図法や二点透視図法を習いパースを描いた。絵画の授業でも、その構図を習い、実際に絵画展でそれを確かめたり、レオナルド・ダ・ヴィンチの最後の晩餐が載っている画集解説をじっくり読んだりした。何気ない風景や、こうして何気なく撮っている写真も同じだ。それと不思議に思うことも無いし、違う様に見えている人も居ないと思う。正式に解説されたのは1700年代後半で遡ると11世紀に研究をしたペルシャの哲学者が遠近法の研究をしたと言うのを読んだ記憶がある、またちょっと勉強したくなった。

 

 

f:id:clutch-cafe:20171022174825j:plain

f:id:clutch-cafe:20171022175048j:plain

f:id:clutch-cafe:20171022175118j:plain

f:id:clutch-cafe:20171022175228j:plain

階段からふり返る、階下から聞こえるソールと床が重なる音、薄暗い部屋では光が広がり、小さな窓のガラスの図柄と時間を感じさせてくれる取手が、想像を大きくしここに来て良かったと思わせてくれた。

 

 

大村バー

はてなも随分ご無沙汰。何てことは無い、ただやって無いだけ。もう落ち着いてきたし、ブログを更新するくらいの時間はある。

 

f:id:clutch-cafe:20171022165926j:plain

f:id:clutch-cafe:20171022170022j:plain

f:id:clutch-cafe:20171022170102j:plain

f:id:clutch-cafe:20171022170134j:plain

静岡にある大村バー、名前だけは聞いたことあって、何時かは行ってみたいと思っていた、先々月の静岡出張の時、駅からホテルまで歩いていた時に偶然見つけた、これは行くしか無いと思い、ホテルにチェックインを済ませて向かった。うんうん、定番の焼き鳥は昭和な感じ、駿河湾の海の幸メニューがいっぱい、そして名物の黒はんぺん、今回はフライでいただいた。またゆっくり行ってみたいと思った。