読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

** clutch café **

life+outfitter+mggk and more shoot diary

Gradation

f:id:clutch-cafe:20141028172151j:plain

f:id:clutch-cafe:20141028172200j:plain

f:id:clutch-cafe:20141028172209j:plain

f:id:clutch-cafe:20141028172222j:plain

f:id:clutch-cafe:20141028172232j:plain暇人かと言う程の時間を陽が落ちるのを見るために費やした。そこで見つけたこと、それは陽が落ちるときのグラデーション。ちょうどジブンが見たときのことだが、海に陽が沈む少しばかり前に、今まで暗雲に隠れていた太陽が最後の力を振り絞る様に姿を現した、費やした時間からすれば一瞬のことだったが、そのヒカリは強く激しさを感じる程、陽が落ちるとき、そのまわりの空はよく見る夕陽と同じ柿色になる。落ちてしまうころ、さらにその柿色のまわりが洋紅色になる、この瞬間が最も綺麗で気持が昂ぶった。その後には瑠璃色に支配され闇が深くなる、ここまでの時間は数十分、自然の色ってス・ゴ・イと思った。