** clutch café **

life+outfitter+mggk and more shoot diary

朝陽と夕焼け

f:id:clutch-cafe:20171220020438j:plain

f:id:clutch-cafe:20171220020503j:plain

中国のホテルの窓から見えた朝陽と仕事が終わって帰る時に見えた夕焼け。もう何度か中国には来ている、最近思うこと、それは空気が綺麗になってきていると言うこと。相変わらずの街の風景の変化は早く激しい、街だけでは無く、行く先々の全ての場所が変わって行く、EV車も日本より沢山走っているし、ホテルやレストランの居心地やサービスも良くなっている、市街地を行く人のファッションもお洒落だし、ヴィジュアルだけでしか判断出来ないけどTVや雑誌とかメディアは中国に居ることを忘れさせる。この国の変化はまだこれからだと言うのに…。

 

 

今年最後の中国…かな

f:id:clutch-cafe:20171217012919j:plain

f:id:clutch-cafe:20171217012942j:plain

f:id:clutch-cafe:20171217013003j:plain

上海虹橋のホテルに着いた。フライトの間違いから始まって、バスで荷物が消えるとか、一瞬焦るけど、こういうトラブルも楽しめると言うか、仕方無いと思える様になった。既にこちらでも0時を過ぎているのに3レーンもあるタクシー乗り場は100mを超える人の列、毎日これが繰り返されている。肌で感じる上海の気候は出発地の名古屋と殆ど変わらない、朝になれば高鉄で2時間くらい北上するから少し寒くなるかな。

 

 

フィルムでちょっとふりかえる むっつめ

f:id:clutch-cafe:20171216102015j:plain

f:id:clutch-cafe:20171216102026j:plain

f:id:clutch-cafe:20171216102039j:plain

f:id:clutch-cafe:20171216102052j:plain

f:id:clutch-cafe:20171216102104j:plain

六回目、今回の2017年フィルム写真の振り返りは、とあるおでんの街。ここも仕事とかで時々訪れる、待ちの雰囲気も好きだし、住んでみたいと思う場所。前回に引き続きOLYMPUS OM-1Nを持って街中を撮ってみた。この時、既に夕方で暗くなりかけていた頃。しかしボケた感じの写真ばかりだ、嫌いでは無いけど…、ジブンとしては何を撮りたくて、写真を撮ることを楽しいと思えることが一番大切かな。